人間ドックでうつ病を発見するための「ストレスチェック」ができる医療機関

人間ドックでうつ病を発見するための「ストレスチェック」ができる医療機関

生活習慣病やがんを早期発見するのに役立つ人間ドック。近年人間ドックの認知が高まり、年々受診する人々が増えています。人間ドックを受診することで結果が正常であっても健康に対する意識付けになったり、病気になりにくい身体づくりを意識するようになったりと沢山のメリットがありますが、近年増加しているうつ病にをはじめとした精神疾患についてはどうなのでしょうか。人間ドックにおけるうつ病対策についてご紹介します。

人間ドックでうつ病を発見できるところは少ない

人間ドックはもともと通常の健康診断に加えて内臓系の疾患を発見するのに特化した健診であったため、脳や精神疾患に関する検査項目はほとんどありませんでした。最近では多くの需要を受けて、人間ドックのオプションとしてPET検査をはじめとした脳ドックがかなり普及してきましたが、精神疾患については今現在もあまり普及していないのが現状です。

厚生労働省が出したガイドラインによってストレスチェックを取り入れる医療機関が増加

2015年4月に厚生労働省は『「ストレスチェック制度」の具体的な内容や運用方法を定めた省令、告示、指針』を発表し、50人以上の事業所では医師や保健師によるストレスチェックが義務付けられました。50人以下の事業所は努力義務とされ、 1 職場におけるストレスの原因に関する項目 2 ストレスによる心身の自覚症状に関する項目 3 職場における他の労働者による支援に関する項目を検査することになりました。 この発表は人間ドックの検査に関する発表ではなく、企業向けの告示でしたが、この発表などを知った一部の医療機関では、健診の一部に簡易的なストレスチェックを導入し、問題が見つかった場合にはメンタルヘルスへの受診を勧めるといった対応をとるようになりました

都内でストレスチェックを取り入れている医療機関をご紹介

東京都内で人間ドックにストレスチェックを取り入れている医療機関に、高田馬場にある慈友クリニックがあります。こちらではもともと心のケアを大切にしており、人間ドックの他にメンタルドックといったプランも提供している病院です。人間ドックにストレスチェックを取り入れる場合はオプション検診になってしまうようですが、東京で人間ドックにストレスチェックを取り入れている数少ない医療機関です。

◆医療機関へのリンクはこちら:

慈友クリニック
【高田馬場駅「戸山口」から徒歩1分◆月~土曜まで受診可能】
胃内視鏡検査は、年間2,749件の実績があります。(2015年4月より2016年3月末時点)
内視鏡検査は、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医が行い、モニターを見ながら、その場で説明致します。また、他の検査も経験豊富な医師・スタッフが対応致しますので、普段お悩みのことなどお気軽にご相談ください。
検査は予約制のため、お忙しい方も短時間でご受診頂けるよう配慮しています。
>慈友クリニック Webサイト

まとめ

・現在の人間ドックでは精神疾患を発見する検査を盛り込んでいるところは少ない。
・厚生労働省がストレスチェックの重要性を示し始めたことによって、医療機関の注目は高まっている。
・感度の高い医療機関ではストレスチェックを取り入れ、メンタルクリニックなどの受診を促すところも出てきている。

現在は精神疾患に関する検査を取り入れているところは少ないものの、医療機関では確実に注目されているようです。うつ病をはじめとした精神疾患も今となっては生活習慣病に引けをとらない現代病です。人間ドックで総合的に検診できるところがもっと増えるといいですね。

特集記事